2018年12月28日

年末のご挨拶とイベント開催のご案内

2018年、大変お世話になりました。
今年も地元の方はもちろん、日本各地、国外の多くの方に利用していただき、本当にありがとうございます。
また、その他、イベント、ワークショップなどの活動では、多くの方々に支えていただきましたこと、心より感謝申し上げます。

今年は様々なことがありました。
9月の地震の際にはブラックアウトでいかに電気に頼った生活をしていたか思い知りました。
そんな中でも、有志のドライバーが車体を走らせ、街中の状況をリアルに発信し、
自転車ならではの強みを実感したところです。
いちたかガスワン(元気です北海道).jpg
一方、札幌駅東側の再開発計画により、法人事務所が入居しているビルの取り壊しが決定し、退去を余儀なくされております。
設立から満10年がたち、活動の意義、必要性も含め今後の方向性を再考する機会となりそうです。

現在、中心部はあちこちで工事が行われていて、昨年案内した建物が今年はなくなっていることもよくあります。そんな中でも歴史的な建造物をピックアップして案内すると、とても喜ばれます。
開発でそれらの建物がなくなることは残念ではありますが、今、紹介できることに感謝しながら記憶にとどめておきたいと思っているところです。
そのような思いから、残された建物を地域で守り愛着を持って活用していただければとワークショップを企画しました。
たてもの文様.jpg
会場は昨年6月にリニュアルオープンした旧永山武四郎邸及び三菱鉱業寮です!

講師に造形作家 もんきり研究家の下中菜穂さんと旧小熊邸倶楽部 代表 東田秀美さんをお招きして
古い建物にちりばめられた文様を採集、切り紙にして楽しむ「たてもの文様」ワークショップです。

たてもの文様ワークショップ(さぽーとほっと基金助成事業)
1月12日(土)13:30〜17:00
旧永山武四郎邸及び旧三菱鉱業寮2階和室B(札幌市中央区北2条東6丁目)
112たてもの文様ワークショップ.pdf


もう一つの活動は真駒内エリアの持続可能な地域づくりについて、
SDGsセミナー、真駒内版17のゴールづくりなどワークショップを開催してきました。

立場の違うステークホルダーが集い、数年後の未来を思い描きながら語り合う時間を持てたことで、様々な連携がうまれていました。
これらの活動のまとめとして年明けの1月20日(日)にはフォーラムを開催予定です。
環境ジャーナリストの枝廣淳子氏を招いて講演とパネルディスカッションを行います。
120top.jpg
多くの皆様と未来のコミュニティについて考え、行動につなげられる一歩となる内容です。
お忙しい時期かと思いますが、皆様のご参加をお待ちしております。
1月20日(土)13:30〜16:00
会場 南区民センター2F(札幌市南区真駒内幸町2丁目2-1)
真駒内×未来のコミュニティ(地球環境基金助成事業)
1月20チラシ12_6(PR).pdf

来る2019年が、みなさまにとって、健やかで実りある素晴らしい一年となりますことを
心よりお祈り申し上げます。

特定非営利活動法人 エコ・モビリティ サッポロ
代表 栗田敬子
posted by エコ・モビリティ サッポロ at 16:56| 最新情報