2018年12月28日

年末のご挨拶とイベント開催のご案内

2018年、大変お世話になりました。
今年も地元の方はもちろん、日本各地、国外の多くの方に利用していただき、本当にありがとうございます。
また、その他、イベント、ワークショップなどの活動では、多くの方々に支えていただきましたこと、心より感謝申し上げます。

今年は様々なことがありました。
9月の地震の際にはブラックアウトでいかに電気に頼った生活をしていたか思い知りました。
そんな中でも、有志のドライバーが車体を走らせ、街中の状況をリアルに発信し、
自転車ならではの強みを実感したところです。
いちたかガスワン(元気です北海道).jpg
一方、札幌駅東側の再開発計画により、法人事務所が入居しているビルの取り壊しが決定し、退去を余儀なくされております。
設立から満10年がたち、活動の意義、必要性も含め今後の方向性を再考する機会となりそうです。

現在、中心部はあちこちで工事が行われていて、昨年案内した建物が今年はなくなっていることもよくあります。そんな中でも歴史的な建造物をピックアップして案内すると、とても喜ばれます。
開発でそれらの建物がなくなることは残念ではありますが、今、紹介できることに感謝しながら記憶にとどめておきたいと思っているところです。
そのような思いから、残された建物を地域で守り愛着を持って活用していただければとワークショップを企画しました。
たてもの文様.jpg
会場は昨年6月にリニュアルオープンした旧永山武四郎邸及び三菱鉱業寮です!

講師に造形作家 もんきり研究家の下中菜穂さんと旧小熊邸倶楽部 代表 東田秀美さんをお招きして
古い建物にちりばめられた文様を採集、切り紙にして楽しむ「たてもの文様」ワークショップです。

たてもの文様ワークショップ(さぽーとほっと基金助成事業)
1月12日(土)13:30〜17:00
旧永山武四郎邸及び旧三菱鉱業寮2階和室B(札幌市中央区北2条東6丁目)
112たてもの文様ワークショップ.pdf


もう一つの活動は真駒内エリアの持続可能な地域づくりについて、
SDGsセミナー、真駒内版17のゴールづくりなどワークショップを開催してきました。

立場の違うステークホルダーが集い、数年後の未来を思い描きながら語り合う時間を持てたことで、様々な連携がうまれていました。
これらの活動のまとめとして年明けの1月20日(日)にはフォーラムを開催予定です。
環境ジャーナリストの枝廣淳子氏を招いて講演とパネルディスカッションを行います。
120top.jpg
多くの皆様と未来のコミュニティについて考え、行動につなげられる一歩となる内容です。
お忙しい時期かと思いますが、皆様のご参加をお待ちしております。
1月20日(土)13:30〜16:00
会場 南区民センター2F(札幌市南区真駒内幸町2丁目2-1)
真駒内×未来のコミュニティ(地球環境基金助成事業)
1月20チラシ12_6(PR).pdf

来る2019年が、みなさまにとって、健やかで実りある素晴らしい一年となりますことを
心よりお祈り申し上げます。

特定非営利活動法人 エコ・モビリティ サッポロ
代表 栗田敬子
posted by エコ・モビリティ サッポロ at 16:56| 最新情報

2018年12月06日

フォーラム開催のお知らせ

枝廣淳子さんと考える「真駒内×未来のコミュニティ」フォーラム開催!!
(独立行政法人環境再生機構 平成30年地球環境基金助成事業)
120top.jpg
1月20チラシ12_6(PR).pdf
 南区の拠点として役割を担ってきた真駒内は開拓使時代(1876年)に米国人エドウィン・ダンの指導により牧牛上が開かれ、戦後(1946年)は米軍に接収。冬季オリンピック開催時(1972年)にはメイン会場として開発が進んだ場所です。
 緑豊かで閑静な住宅街ですが、近年では少子高齢化が進み様々な課題が顕在化しています。一方、地域での活動は活発であることから、ステークホルダーと共に持続可能なコミュニティ形成のためSDGsを学び、「真駒内版SDGs」作るワークショップを開催してきました。
 本フォーラムは次年度の行動につなげるための考え方、事例や手法を知るため 環境ジャーナリストでもある枝廣淳子氏をお招きし、講演とパネルディスカッションを開催いたします。

日時 :2019年1月20日(日)13:30〜16:00
会場 :南区民センター 2F 視聴覚室AB 
    〒005-0014 札幌市南区真駒内幸町2丁目2-1 
    (地下鉄真駒内駅から徒歩5分程)

プログラム : 司会進行 宮本奏氏(NPOきたのわ)

◇講演:「未来は地域にある! 持続可能で幸せな地元経済を創る」 枝廣淳子氏

プロフィール
大学院大学至善館教授、幸せ経済社会研究所所長、環境ジャーナリスト。地域経済循環や環境問題に関する講演、執筆、異業種勉強会等の活動を通じて「伝えること、つなげること」で変化を創り、しなやかに強く、幸せな未来の共創をめざす。北海道下川町や島根県海士町等では、意志ある未来を描く地方創生と地元経済を創りなおすプロジェクトにアドバイザーとしてかかわっている。
主な著訳書
『不都合な真実』『レジリエンスとは何か−何があっても折れないこころ、暮らし、地域、社会をつくる』『地元経済を創りなおす−分析・診断・対策』ほか多数。


◇パネルディスカッション 進行 枝廣淳子氏
パネラー:
真駒内商店街振興会 会長 山下晴男氏
真駒内駅前のまちづくりを考える会 代表 青木新作氏
commons fun(まこまない研究所)林匡宏氏


参加費:無料  
定員:60名(先着順)

申込方法:
◇氏名 ◇ご連絡先 ◇ご所属を記載の上、下記のいずれかにてお申込みください。
Tel  011−788−5480
Fax  011−788−5658
Mail info@velotaxi-sapporo.jp

締め切り:1月16日(水)   

主催:特定非営利活動法人エコ・モビリティ サッポロ 
共催:札幌市 後援:札幌商工会議所

開催にあたり下記の皆さまより協賛いただいております。
心より御礼を申し上げます(順不同)

旭エンジニアリング椛纒\取締役 星野恭亮 様
NPO法人ゆうらん 様   松本公洋 様
株式会社 ミュークリスタル 代表取締役社長 岡崎一志 様

チラシ☆1月20チラシ12_6(PR).pdf
posted by エコ・モビリティ サッポロ at 16:45| 最新情報