2018年08月03日

真駒内モビリティ創造プロジェクトのご報告

昨年度、「地域活性化に向けた協働取組の加速化事業」として
『真駒内モビリティ創造プロジェクト』を実施いたしました。
この事業は環境省が環境教育等促進法に基づく協働取組を推進していくため、地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)及び地方環境パートナーシップオフィス(EPO)を支援事務局として全国・各地域から申請、採択されたモデル事業の実証を行ったものです。

当法人は自転車タクシーを活用した社会実験、独自のモビリティを考えるワークショップ、住民の意識啓発を図るシンポジウムを実施。「低炭素型パーソナルモビリティ」を切り口に、住民主導による地域課題の解決を持続可能な社会づくりを目指す札幌市等との協働によりに取り組みました。

http://www.geoc.jp/partnership
報告書
これらの活動を引き継ぎ、今年度もセミナー、ワークショップの開催、宅配送実験を実施する予定です。

NPO法人 エコ・モビリティ サッポロ
posted by エコ・モビリティ サッポロ at 16:20| 最新情報